キットパスで アーティスト トレーディング カード(ATC)を作りました。

ATC(エーティーシー)とは・・・アーティストトレーディングカード/Artist Trading Cards(以下ATC)の略で世界共通です。
主に欧米のスクラップブッキング愛好者やスタンプアーティスト、画家、イラストレーター、デザイナー、写真家などの間で
近年盛り上がりを見せているハンドメイド作品です。

ATCが生まれたのは1997年。スイス人アーティストがアイデアを思いつき、その後の展覧会で1,200枚のカードを製作・展示し交換したい仲間のアーティストを募り、展覧会の最終日に交換会を行ったことがはじまりと言われています。

ATCの唯一のルールは、2.5×3.5インチ(約64×89mm)サイズであること。
サイズ以外のルールは一切ありません。

縦に使っても横に使っても良いですし、厚さ(※)に制限もありません。 ※厚さは、コレクションするためにスリーブやファイルに収まる厚みが適当と言われています。

描画方法も自由です。

マーカー、水彩、アクリル、油彩、鉛筆、色鉛筆、クレヨン、エアブラシ、パステル、コラージュ、スタンプ、シール、テープ、布、ビーズなどなんでもOKです。

裏面には、タイトル、名前(ハンドルネームでOK)、日付、国名、SNSアカウントやメールアドレス(※)などを書き込みましょう。ATCを通じて新しい出会いが生まれることもあります。 ※SNSアカウントやメールアドレスの記載には、デメリットも伴いますのでご注意ください。

作る、見せる、交換する。集める、飾る、保存する。ATCには様々な楽しみ方があります。

アーティスト同士の交流としてお使いいただき、交換することにより人から人へとわたって、世界へ飛び出していくこともあります。

ATCを楽しむために、まずは“一枚”つくってみましょう!

はじめは難しく考えずシンプルなものでOK。交換していくことでそこから新しいアイデアが生まれてくるはずです。

2.5×3.5インチサイズの小さなカードにあなたの感性を詰め込んだ世界に一つだけのオリジナルカード「ATC」。 その小さなカードから広がる大きな世界に飛び込みましょう!

ということで、わたしも「キットパス」を全部の作品に使い作ってみました。

IMG_4890

キットパスアートインストラクター養成講座・函館・道南校では、
函館及び山形で、随時キットパスアートインストラクター養成講座を
開催しています。

あなたもキットパスアート体験してみませんか?

お問い合わせ・お申し込みは* こちらから
          
                   その他を押してください。