作成者別アーカイブ: umi-staff

《函館蔦屋書店》写真を変えて飾れるペーパー・フレーム

「写真を変えて飾れるペーパー・フレーム」

スクラップブッキングのテクニックがたくさんつまったスクラップブッキングの専門雑誌
“ラブメモ+”10号の表紙に採用された作品を作りませんか?

大きなハートがとても素敵で、写真を変えていつまでも飾ることができますので、
ご両親へ、大好きな方へ、お友達への「プレゼント」にもぴったりです。

タイトルの「HAPPY」はカリグラファーの山田淳子が書いた文字をカットしています。
このクラスのために作ったスタジオUMIオリジナルのタイトルです。

お一人の参加でも、お友達とご一緒でも楽しい時間になると思います。
あなたのご参加をお待ちしています。

■場 所:函館蔦屋書店 1階まるテーブル

■日 時:2月9日(土曜日)①10:30~12:30 ②13:30~15:30

※制作時間は約1時間半から2時間です。時間の合わない方はお問い合わせください。

■受講料:2,500円(材料費込み)

※道具は無料でお貸しします。手ぶらでお越しください。

※写真をお持ちの方はL判1枚。蔦屋書店内でもプリントアウトができます。

※ペーパーなど材料が変わることがあります。

■キャンセルについて:当日キャンセルにつきましては後日振り替え受講をお願いいたします。

カリグラファー 山田淳子プロフィール 

1989年 カリグラフィーと出会う。
通信教育で学ぶとともに東京でのスクーリング及びワーク ショップを受講。
その後も、日本及び欧米のカラグラファーのワークショップに積極的に参加。
1999年・2001年・2005年  個展(ギャラリー807)
2000年・2001年・2004年・2005年  アメリカでのカリグラフィーワークショップに参加
2007年8月  イギリスでのカリグラフィーワークショップに参加
2007年8月~11月  East West展にBook作品で出展
マンナギャラリー(ベルギー・ブルュージュ)
2007年12月  デンマーク椅子とのコラボ展(イカスホール)
2009年5月  オープンハウスとのコラボ展(桔梗・三木邸)
2009年7月  ジャパン・レター・アーツ主催  日本・ベルギー・レターアーツ展入選
ギャラリーBank ART Studio NYK(横浜)
2015年5月  スタジオUMIオープン
2016年5月  個展(いしい画廊)
2017年3月  AJCクリエーターズコンテスト2017入選(東京都美術館)
2017年5月  個展(山形市・芸文美術館)
2017年8月  山形市内サークル「やまのて」カリグラフィー講師

(CALLIGRAPHER’S GUILD会員・CALLIGRAPHY NET‐WORK会員・J‐LAF会員)

《函館》ラブメモ+リリースパーティ・創刊5周年記念特別プレゼント付きin函館蔦屋書店2階レストランFUSU

スクラップブッキングのテクニックがたくさんつまった。スクラップブッキングの
専門誌“ラブマイメモリーズ+”(通称“ラブメモ+)10号発売記念リリースパーティー
を開催します。

これは、「雑誌とパーティ材料を活用して、みんなで楽しく作ろう!」という趣旨のイベントで、
スクラップブッキングをたくさんの方に体験していただくためのパーティです。

今回はタグアルバムを作ります。
参加された皆さんと一緒に作りますので、安心してご参加ください。

前回の函館蔦屋書店でのリリースパーティの様子

今回は、“ラブメモ+”創刊5周年記念で「スタンプ」と「テープのり」のプレゼントがあります。

手ぶらでご参加くださいね。みなさんでわいわいおしゃべりも楽しみながら作りましょう。

“ラブメモ+10号”発売記念リリースパーティーin函館

■場 所;函館蔦屋書店2階 レストランFUSU個室
■日 時;2月3日(日)   11:00~13:00   制作時間は1時間半~2時間程です。
■持ち物;特にありません。(写真を貼りたい方はL判10枚程度お持ちください。) 
■参加費2,000円※別途ランチまたはお飲み物のご注文をお願いいたします。
(“ラブメモ+10号”1冊とお作りになったタグアルバムとプレゼントをお持ち帰りできます。)
■キャンセルについて; 前日の12時までにご連絡ください。なお、それ以降のキャンセルにつきましては、“ラブメモ+10号”(1300円)のみお買い上げをお願いいたします。

お問合わせ・お申し込みは:こちらから

《函館蔦屋書店》カリグラフィー体験講座・飾って楽しむ「春」のカード

2019年、習い事のスタートに「カリグラフィー」はいかがすか?

カリグラフィーとは、“アルファベットの文字を美しく見せる手法”として誕生し、長い歴史を経て、今では芸術の一つとして伝えられています。

生徒さんの作品です。

あなたは「カリグラフィー」は難しいと思っていませんか?アルファベットッを色々なルール―で分解し関連付けることで、グ~~と身近になります。

基本がわかれば、身近に感じることができます。

あなたもそんな「カリグラフィー」体験してみませんか?今回は、カリグラフィーを初めて書く方のために1回(2時間)でカードを作りながら、カリグラフィーの基礎の基礎を知ることができる体験講座を開催しています。あなたも、季節のカードを手書きのアルファベットで書いてみませんか?(カリグラフィーの道具は無料でお貸しします。)

桜の花びらを飾ります。

カリグラフィー体験講座 ≪飾って楽しむ春のカード≫

受講費 :4,000円(材料費込み・ペン等はお貸しいたします。)別途、お飲み物等のご注文をお願いいたします。
所要時間;2 月3日(日)14:30~16:30(約2時間程度)
開催場所:函館蔦屋書店2階 レストランFUSU個室
持ち物 :鉛筆・消しゴム(作品大きさは、高さ5cm×横約32cm )
申し込みに関して:講座の準備のため事前の申し込みが必要です。申し込みはメールまたは携帯
からお願いいたします。(左利きの方はペン先が違いますので事前にお知らせください。)
キャンセルについて:当日キャンセルの場合は、後日スタジオUMIでの受講をお願いいたします。。

お問合わせ:申し込みは こちらから
クラスはstudio umiをクリックしてください。

 

 

カリグラファー 山田淳子プロフィール 

1989年 カリグラフィーと出会う。
通信教育で学ぶとともに東京でのスクーリング及びワーク ショップを受講。
その後も、日本及び欧米のカラグラファーのワークショップに積極的に参加。
1999年・2001年・2005年  個展(ギャラリー807)
2000年・2001年・2004年・2005年  アメリカでのカリグラフィーワークショップに参加
2007年8月  イギリスでのカリグラフィーワークショップに参加
2007年8月~11月  East West展にBook作品で出展
マンナギャラリー(ベルギー・ブルュージュ)
2007年12月  デンマーク椅子とのコラボ展(イカスホール)
2009年5月  オープンハウスとのコラボ展(桔梗・三木邸)
2009年7月  ジャパン・レター・アーツ主催  日本・ベルギー・レターアーツ展入選
ギャラリーBank ART Studio NYK(横浜)
2015年5月  スタジオUMIオープン
2016年5月  個展(いしい画廊)
2017年3月  AJCクリエーターズコンテスト2017入選(東京都美術館)
2017年5月  個展(山形市・芸文美術館)
2017年8月  山形市内サークル「やまのて」カリグラフィー講師

(CALLIGRAPHER’S GUILD会員・CALLIGRAPHY NET‐WORK会員・J‐LAF会員)

《函館》追加開催「キットパス」を使ってキャンバスバックに絵を描こう!

冬休みに親子で一緒に、キャンバス・バックに
安心・安全のチョーク「キットパス」で絵を描いてみませんか?

お絵描きに使うのは、安心・安全のチョーク「キットパス」です。
お絵描きをして手が汚れても、
濡れたタオルやウエットティシュで拭くとさっときれいになります。
お子さんの成長の記録に手形を取る時にもとても便利でよく使われています。

今回は親子で一緒にバックに自由にお絵描きを楽しんでいただきます。
その後濡れても色が取れないようにして出来上がりです。

最後に親子で1枚の紙に手形を取ってクリアファイルに貼りましょう。

きっと、冬休みの思い出として、大切なバックとクリア ファイルになると思いますよ。

■場 所;函館蔦屋書店1階 クラフトまるテーブル
■日 時;1月7日(月)  ①11:00~12:30 ②13:30~15:00    
     1月12日(土)10:30~ 定員 親子で3組
■参加費;親子で1,500円(バックの大きさ約20×10(マチ)×20cm・親子で1つ作ります。)
(お子さん2人以上参加の場合は、お2人目から1人1,000円でご参加いただけます。)
■その他;①持ち物は特にありません。②汚れてもいい服装でお越しください。③素手でお絵描きをします。
④しっかり乾くのに時間がかかります。帰りに車等に置いておけるスペースの確保をお願いいたします。

材料がありましたら当日参加もできますが、ご予約をいただけましたら確実に作ることができます。
また、お時間等のご相談がありましたら遠慮なくお問い合わせください。

お問い合わせ・お申し込みは* こちらから

「そのほか」を押してください。

【祝】ラブメモ+10号「表紙」に作品が採用されました。

【祝】ラブメモ+10号「表紙」に作品が採用されました。

私の作品は、下の方で少し見づらいのですが、
実は、この感じで写っているのが1番のポイントなのです。

わかりましたか?
そうです、少し厚みのある作品になっています。

本の中に掲載された同じ作品がこれです。
ぜひ本を見て確認してくださいね。
この作品は2月に函館蔦屋書店で講座を予定されています。

この他にも前回のリリースパーティに参加された、辻田晶子さんの作品が

「クリエイティブ賞」

をいただいたりと・・・
とても嬉しいことばかりで、今年1年のご褒美をいただいたようです。

1月に、「ラブメモ+10号リリースパーティin函館」と「ラブメモ+10号リリースパーティin山形」が開催されます。

「ラブメモ+10号リリースパーティin函館」の詳細は、こちらから

「ラブメモ+10号リリースパーティin山形」の詳細はこちらから